トランスフォーメーション

 ~体脂肪コントロールで変わるあなたの人生~

【汗をかいたら脂肪が燃えるのか?】

走ったりして
 
たくさん汗をかくと体重がガクンと落ちますよね
    
ということは その分脂肪が燃えていったのでしょうか?
  
  
いえいえ
 
実際は汗で水分が外に出ていった分体重が落ちたのです
 
つまり出ていった分水分を補給すれば体重はほぼ元通りです
 
実際汗をかいた後の体重ですぐに戻るでしょ
 


実際のところ 
 
たくさん汗かいたところで
 
運動量が変わらなければ脂肪が燃える量も変わらないのです
 
 
だけど汗をたくさんかくと凄い頑張った気分になるし
 
脂肪がどんどん燃えてるような感覚に陥りますよね
 
 

ここに注意してください
 
 
汗をかいた分 ちゃんと水分とミネラルと補充しないと
 
代謝が下って太りやすくなります
 
 
むしろ体内に適度な水分とミネラルが保たれていないと
 
脂肪は燃えてくれません
 
 
ということは
 
頑張って汗をかけばかくほど
 
脂肪燃焼には遠ざかっているということです
 
 
 

特にサウナスーツを安易に使用するのは危険です
 
体温を高く維持したまま運動を続けると
 
脱水症状を引き起こしやすく
 
吐き気や頭痛 倦怠感 
  
一番最悪なのは昏睡状態にいたって意識を失います
  
 

ボクサーが
  
よくサウナスーツ着て練習して減量しているイメージですが
   
実際に使用する時は
  
計量直前の最後に体重を調整する時だけです
  
  
普段から使用しているような選手が
  
もしいるなら そいつは試合に勝てないでしょう
 
  

だから有酸素運動では
 
そんなに頑張って汗を出す必要はありません
  
  
むしろ汗をあまりかかないくらいに抑えた方が
  
脂肪は効率よく燃えていくのです

f:id:trueadjust:20190311130912p:plain